『一言力』

 

新書買杉田玄白(しんしょかいすぎたげんぱく)
ウー、カイタイ、シンショヲカイタイ…

 

財布の紐を締めすぎて財産を取り出せなくなった人
おじいちゃん、もう新書は買ったでしょ!

 

新書買杉田玄白(しんしょかいすぎたげんぱく)
マダジャ、マダカイタインジャァ…
ワシガ、イマ、カイタイノハ、この一冊!

 

『一言力』

 

内容

 

上司への報告、部下への指示、クライアントへのプレゼン、新商品の売り出し、入学・入社面接、司会やスピーチ、飲み会・合コン…日常生活のあらゆる場面で役に立ち、一生の武器になるのが「一言力」すなわち「短く本質をえぐる言葉で表現する力」。
本書ではコピーライターの経験から編み出された、一言力を身につけるメソッドをつい開陳。「要約力」「断言力」など一言力を構成する7つの能力からアプローチする実践的ノウハウで、誰でもすぐ当意即妙の一言が言えるようになる!ライバルには教えたくない一冊。

―『一言力』背表紙より引用

 

ポイント

  • 『一言力』を構成する7つの力!要約力、断言力、発問力、短答力、命名力、比喩力、旗印力!
  • 話し言葉は15秒で要約!
  • リーダーはリスクを負って断言するから、アドバイスの意味がある!
  • これからの時代は問題解決力よりも問題設定力
  • ネーミングの基本は3つの「S」!ショート、シンプル、ストレート!

 

新書買杉田玄白(しんしょかいすぎたげんぱく)
冒頭、『古事記』に現れる神様、「ヒトコトヌシ」の話から始まるんじゃが、なんとも味わい深い話のマクラじゃのう…

著者は大手広告代理店に勤務経験があり受賞歴多数。

「物語の力で会社や商品を輝かせる」手法を「ストーリーブランディング」と名付けたことで知られるとな。

著者にかかればキリストも村上春樹も「一言力」を強みに多くの人に支持されるようになったというから驚きじゃ。

ま、ビジネスマンなら読んでおいて損はないじゃろう。

なんてワシの感想が長いのも問題じゃな、「一言力」を見直さなければいかんかのう…

 

財布の紐を締めすぎて財産を取り出せなくなった人
めっちゃ早口でなんか言ってる。

 

新書買杉田玄白(しんしょかいすぎたげんぱく)
一言の力が人生を決める!

 

財布の紐を締めすぎて財産を取り出せなくなった人
言葉の力って本当にすごい!

 

PR

 

 

恐縮ですが、ここで宣伝です!
日本の医学に多大な貢献をもたらした蘭学者・杉田玄白の回想録『蘭学事始』が講談社学術文庫にて刊行中!

 

五臓六腑説、滅すべし

 

買ってね!